親指をぐっと立てて👍

はい、みなさんで一緒に

『リレーションだぞ!』


リレーションというのは、心と心のあたたかぁ〜いつながりです。


昨年、PTAの講演会で聞いた諸富先生の言葉が胸に残ります。

諸富先生のHP↓


とてもよい講演でした。ほんとに聞いてよかった!!いま、助かってる。



娘は小学5年生です。


感情豊かで、とっても心優しい子です。



感情豊かで、心優しすぎるが故なのか。


時々、心が疲れちゃって学校をお休みします。


最近になって、野外学習をお休みした隠してた理由をポロリとこぼしました。


『思春期とは残虐です。』


なるほど。


残虐であります。


なるほど。


残虐です。思ったことわざわざ口に出しちゃうんだろうね。


ほかっとったってくれよ!そんなこと。いちいち口に出して聞こえる距離で言うんじゃないよ。って相手の子にも思うことありますけれども。思春期ってのは残虐ですから。へっちゃらで残酷な言葉を投げつけます。

相手のことをどーこう、一緒になって非難したって、なんにもなりませんのでね。

あっ!そんな時言っちゃいけないこんな言葉↓
『そんなこと言われるあなたも悪い。』



『そーか、そーか。』聞きます。

『それは辛かったね。ママだってそんなこと言われたら傷ついちゃうよ。』認めます。共感します。

『ママはあなたの事大好きだよ。嫌なら嫌でいーよ。学校に縛られる事なんてないからね。そりゃその時に学べることもあるけど、同じ体験は他でもできるから。お話ししてくれてありがとう。』いつも受けとめます。


はい、みなさんご一緒に👍

『リレーションだぞ!』

なんでもお話しできる環境を家庭で作ってください。



『リレーションだぞ!』



大切な子どもを守る合言葉やと思います。



家族だからね。なんでもお話ししてくれていーよ!!


心の持ち方、在り方を自分でみつけてね。


子どもの体験、経験は良いも悪いも全て『プラス』の成長。

そうやって大人になっていくんだね。